アルファグリーン緑化吹付工法

環境緑化事業部

緑化基盤材として広く用いられているパーク堆肥、種子、肥料とともに法面へ緑化吹付します よりよい法面の緑化は当社におまかせください
  • 温室効果ガス削減効果
  • エコマーク認定商品
  • 国土交通省NETIS 設計比較対象技術(旧実施要領) TH-990001-VE
  • ラス金網不要の植生基材吹付工法
  • 施工実績 80万m²以上達成
財団法人 日本環境協会 エコマーク事務局 安定剤「アルファグリーン」は財団法人日本環境協会
エコマーク事務局認定エコマーク商品です
商品類型名:『土木製品 Version 1.3』
認定番号:06131024
特許番号:特許第2935408号・特許第3840124号
品名:安定剤「アルファグリーン」
用途:土壌安定・団粒化・侵食防止剤
アルファグリーン工法 施工前
アルファグリーン工法 施工前
施工後はこの下
施工後1年
施工後1年

何について何をする技術なのか?

法面緑化吹付用安定剤『アルファグリーン』を使用する法面緑化吹付工法は、土砂法面緑化、岩盤法面緑化などに対して弊社が指定もしくは推奨する高品質な基盤材に、法面緑化吹付用安定剤『アルファグリーン』を組み合わせて法面に吹付け、法面緑化に適した植生基盤を造成するものです。

客土吹付機を使用し、主に土砂系法面に対して緑化施工する客土吹付緑化工法『アルファグリーン工法』と、モルタルガンを用いて主に岩盤や急傾斜地を緑化する厚層基材吹付工『アルファガン工法』があります。

両工法ともに法面緑化吹付用安定剤『アルファグリーン』を使用することにより、一部の条件下を除いて緑化基礎工(ラス金網等)の簡易化をはかることができます。

アルファグリーンとは
温室効果ガス削減効果のある新世代の土壌安定・侵食防止剤として開発された安定剤です。
法面緑化用安定剤【アルファグリーン】を使用する緑化吹付工法は、土砂法面、岩盤法面などに対して弊社が指定もしくは推奨する高品質な基盤材に、弊社が製造・販売する法面緑化用安定剤【アルファグリーン】を組み合わせて吹き付け、植物の生長に適した植生基盤を造成するものです。
緑化基礎工の簡易化をはかれます
法面緑化用安定剤【アルファグリーン】を使用することにより、一部の条件下を除いて緑化基礎工の簡易化をはかることができ、それにより経済性の向上をはかることができるものです。
環境に優しいリサイクル製品です
また、法面緑化用安定剤【アルファグリーン】は、従来多用されてきた合成高分子系樹脂の接合剤(糊剤)とは異なり、フライアッシュ(石炭灰)およびPS灰(製紙焼却灰)を主原料としたリサイクル型の無機系資材であり、植物の生長に有用なマグネシウムなどのミネラル分を含み、無機系植生基盤材の積極的な活用や植生基盤の透水性向上、さらには有機物分解の促進や、アルミニウム害の軽減など様々な副次的効果を期待することができます。
アルファグリーン吹き付け作業
アルファグリーン吹き付け作業
施工事例:東京・圏央道
施工事例:東京・圏央道
アルファグリーン工法施工事例 施工後11年の写真
アルファグリーン工法施工事例
施工後11年の写真

どこに適用できるのか?

盛土・切土の法面保護に使用できます。

【適用可能な範囲】
[最大法面勾配] 1:0.6
[土質条件] 硬岩 軟岩 礫質土 砂質土 シルト 粘性土 有機質土
【特に効果の高い適用範囲】
1:0.6以上の緩い法面(緑化基礎工の省略による)

施工事例はこちらからご覧ください
施工実績はこちらからご覧ください

優れた植生基盤を造成
優れた植生基盤を造成

期待される効果は?

  • 造成基盤を安定させ、耐降雨性、耐凍上性を向上させます
  • 緑化基礎工の一部(金絹張工・ナイロンネット張工等)を原則省略することができるようになります。
  • 緑化基礎工が省略されることにより、施工単価の縮減・工期の短縮が図れます
  • 従来からある植生基材吹付工と同じく、法面の緑化吹付にはモルタルガンを用いるため施工機械を新たに購入する必要がありません
  • 温室効果ガス削減効果
    アルファグリーン緑化吹付工法は、ラス金網を省略できることにより、施工機械の運転時間を短縮できます
アルファガン工法施工事例 施工後2年4ヶ月
アルファガン工法施工事例
施工後2年4ヶ月

よりよい法面の緑化は当社におまかせください。生チップを使用した緑化吹付工法もご紹介できます。

お問い合わせ・資料請求はこちらからどうぞ

このページの先頭へ戻る

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町99番地
TEL(045)650-5360 FAX(045)650-5365